手汗対策にコルクルって効果があるの?使い方と成分と買う方法を調べてみた

コルクルとは、手汗で悩んでいる1万人以上の声によって生まれた、医療部外品の手汗用のハンドクリームです。実際に使ってみた人達からは高い満足度を頂き、使った人の殆どがその効果を肌で感じています。

でも「コルクルは他の制汗剤とどういった違いがあるのか」や「コルクルは手汗への効果が本当にあるのか?」など色々と疑問に思う人も少なくはないと思います。

というわけで今回は、その話題のコルクルについて、その成分と、正しい使い方などの商品に関する事や、寄せられた口コミ感想などを詳しく調べてみました。それとお得に買う方法も解説していきますから、只今手汗にお悩み中だという人は参考にしてくれたら幸いです。



手汗対策クリームのコルクルには、どういった効果を期待できるのか?


手汗対策クリームのコルクルは、使用感に於いての顧客満足度が93.5%とその数値は高いです。
今回はどういった効果をコルクルが持っているのかを詳しく解説していきますからきちんとチェックしておきましょう。

手汗の対策に繋がるというコルクル、その効果は?


コルクルは手汗の対策用の医薬部外品で、クリーム状の制汗剤です。
雑誌やネットでの評判は高く、

「手汗が出やすい」
「手汗がひどくて握手できない」
「運転してるとハンドルが滑る」

とお悩みの方にはありがたい製品です。

開発に1年以上かけて、1万人以上の手汗にお悩みの人の声によって生まれたコルクルですが、どうして手汗を抑えてくれるのかを見ていく事にしましょう。

  • 「30秒でサラサラな状態を作る」というコンセプトで開発されている
  • シメン-5-オールが効果的に作用し、皮膚に住み着いた雑菌が増えるのを抑える。
  • 汗や水に強いクリームなので、手汗を長時間抑えていることが出来る。
  • 制汗剤やデオドラント剤の成分でよく使われるフェノールスルホン酸亜鉛が配合されて、汗の出口である汗腺に効果を発揮し、制汗作用が出てくる。

手のエクリン線に作用して汗の出を抑える成分がちゃんと配合されていて、手汗への対策に繋がっている大きな理由になっています。
制汗剤といえばスプレータイプを思いつく人が多いですが、ここに挙げる問題点があるので、誰にでも効果があるというわけではないようです。

  • 制汗の効果が弱く、汗を多く描く人には不向き。
  • 汗を抑えてくれる時間が短すぎて、1日に何度も使わないといけない
  • パウダーが毛穴に詰まってしまい痒くなることがある。
  • メインは腋に使うものなので手汗専用という事でもない。

コルクルも、100%の効果が保証されているわけではありませんが、手汗の事にお悩みの男女両方から意見を頂いてそれを基に開発しているので、そこが他の製品と大きく違っています。

ハンドクリームのような容器で、使えば大量の手汗を抑えることが出来ますから、制汗剤をお求めの時は是非コルクルをお試ししてみてください。

コルクルの使い心地はいいの?


手汗用の制汗剤は、長い間使っていく形になるので、効果のみならず使い心地も結構重要です。
コルクルの使い心地は、評判が良く、ハンドクリームが苦手という人でも安心して毎日使う事が出来ます。

  • 手に塗って30秒でサラサラの手のひらになる。
  • ネイリストの協力を得て、満足度を上げている
  • 塗った後にクリームっぽい感触が残りにくい

コルクルにはこういった特徴があり、他の制汗剤と比較すると、使いやすさにもこだわりを持っています。
「でもクリームタイプ乗ってベタベタしないの?」と考えている女性の方も多いと思います。

でもコルクルは速乾性もありますから、わざわざドライヤーを使って乾かしたりせずとも、セルフケアで手汗への悩みを解消できますから、毎日の生活に加えてもいいのではないでしょうか。


まずはネット上でのコルクル口コミ情報をチェック!評判はどれぐらい?


コルクルに寄せられた良い口コミと悪い口コミまとめてみました。
ネット上の口コミでは評価が高いようですから、手汗対策用の制汗剤で迷っている人は参考にして下されば幸いです。

コルクルが良いという口コミ情報を確認


コルクルがどういった評価を受けているのかという中で、良しとする口コミを集めてみました。

28歳女性
生理中であってもコルクルならお肌が荒れることなく使う事が出来ます。鉱物油やパラベンといった添加物などが含まれていないせいかもしれないですね。
いつも新しい化粧品でトラブルが起きやすい私ですがコルクルで肌トラブルは起きていません。

26歳女性
無料スタートで始められて、解約がいつでもできるという事なのでコルクルを始めてみました。
「定期コースは最低○回続けるのが解約の必須条件」としてる通販制汗剤は結構あります。
それに対して、コルクルだったらこういった縛りがないのが嬉しいですね。
38歳女性
ネットでコルクルを注文して、数日後に無地の梱包で無事届いてくれました。
プライバシーへのちょっとした配慮が嬉しいですね。
私自身1日に3〜4回使っていて、見た目もハンドクリームと同じようなデザインなのもいいですね。

40歳男性
今まで市販の手汗用のクリームや腋汗用のクリームを使って汗を止めようとしていたのですが、ダメでした。
そんな時に出会ったのがコルクルで、使い始めて1週間ぐらいから手汗でベタベタする事が無くなりましたから、その効果は結構高いのではと思います。

コルクルが良くないという口コミは?


使用感が顧客満足度93.5%というコルクルでも、お気に召さなかった人の口コミはあったりしますから、こちらも見ていく事にしましょう。

33歳女性
そこまで長時間の効果は期待できず、手汗が多い時分だと何ともこまめに塗らないといけないようです。
1日に5〜6回となると結構頻繁です、この面倒さがコルクルの問題点の一つでしょうか?

35歳男性
コルクを手に付けるてみたところ、率直に言ってベタつきが気になるというか・・・
30秒でサラサラになると公式では謳っていますが、そんなにすぐ乾く感じではありません。
でも制汗作用は結構高めなので、もう一度使っていくかどうかで悩んでいます。

ネットでの評判の高いコルクル


マイナス意見も多少ありますが、全体的に見てもコルクルはネット上での評判は高い方だといえます。
使用感に関しては使う人によって個人差があったりしますが、無料スタートコースだと1回目からでも解約・返品が出来ますから、購入するにしてもそこまで悩む必要はないと思います。
手汗を抑えてくれるお手伝いをしてくれるものとなっているので、手汗に対してどういったセルフケアをしたらいいのかよく分からないという人はコルクルを使ってみてください。


コルクルの成分について


コルクルに含まれるのは、汗を抑える成分のフェノールスルホン酸亜鉛です。
フェノールスルホンさん亜鉛というのはどういった成分なのでしょうか?
詳しく解説していきます。

優しく汗を抑えてくれるフェノールスルホン酸亜鉛


コルクルに含まれるフェノールスルホン酸亜鉛は汗を抑える成分といいます。

普通の制汗剤に配合されている制汗成分としては、塩化アルミニウムやクロルヒドロキシアルミニウム等が有名で、これらが肌タンパク質に作用する事で汗を抑えます。

これらの成分が作用すると、タンパク質は固まっていき、エクリン線という汗腺を塞ぐ形で汗を抑えているという感じです。
この一連の動作を収れん作用といいます。

フェノールスルホン酸亜鉛でも同じような働きをしますが、他の制汗剤に使われている塩化アルミニウムやクロルヒドロキシアルミニウムに比べるとフェノールスルホン酸亜鉛は収れん作用が穏やかなものになるといいます。

お肌の刺激を和らげて、その作用はゆっくりと進みますから、手が荒れるという心配はありません。

含まれる5つの天然成分とは?


コルクルは主成分のフェノールスルホン酸亜鉛の他にも5つの天然成分が入っています。

ワレモコウ …抗菌作用、消炎作用、肌荒れ防止効果
シャクヤク …収れん作用、消炎作用
ヨクイニン …消炎作用、保湿効果
緑茶エキス …抗菌作用、消臭効果
柿タンニン …殺菌・抗菌作用、消臭効果

それに腋の汗用の制汗剤によく使われている消臭・保湿成分も配合されていますから、ちょっときつい汗の臭いや肌荒れを防いでくれるというわけです。

しかも、香料や着色料、鉱物油といった添加物は使用されていないので、副作用というものがありません。

刺激が少ないので長期的に使える


便化肌や乾燥肌をお持ちの人の事を良く考え、赤ちゃんからお年寄りまで使える事を目指してコルクルは作られています。
なのでコルクルは石鹸でも簡単に洗って落とすことが出来たりします。

お肌に優しい有効成分を厳選して使っていますから、長い間安心してお使いいただけるわけです。

コルクルを正しく使うには


寄せられた口コミ等を見てみますと、コルクルを使っている人の中には、正しくない使い方をしていて、「どうして効果がないの?」と悩んでいる人もいるようですね。

なのでコルクルを効果的使う方法と、使う際に注意する事などを解説します。
コルクルを正しく使っていれば、手汗への効果はさらに高まりますから、参考にしてみてください。

使う前に注意しておく事


コルクルを使う前に注意しないといけない点は2つあります。

手が清潔である事

コルクルを使う際に手が汚れた状態であったら、その効果を十分に発揮できません。
塗る前には必ず手を洗ってホコリや皮脂などを落としておきましょう。

乾燥した状態で塗る事

余計な水分が手のひらについていると、その上からコルクルを塗っても意味がありません。
水分と一緒に落ちてしまうからです。

なのでコルクルを使う前には、手汗をかいていない乾いた状態の手に塗りましょう。
それと手を洗った後には、必ず余計な水分を拭き取っておくようにしましょう。

足の汗にも効果があるって本当?


コルクルは手汗対策のクリームという事がメインに宣伝されているせいか、手汗以外の汗には効果がないと思われている事も多いです。
しかしコルクルは「足汗」にも手汗同様の効果があるとの事です。

なぜなら手のひら足の裏も、汗が出てくる原因はエクリン線になるからです。
なのでエクリン線に作用するコルクルには、手汗にも強い効果が期待されているわけです。
口コミ等でも実際に以下のご意見が寄せられています。

足汗関連の口コミ
靴下が湿っぽくならなくなったので、靴下を何度も履き替えずに済んで嬉しいですね
靴の中でいつも足が蒸れてしまうのが悩みの種で、コルクルを足に試してみたんですが、 足が蒸れなくなって大助かりです
クリームがスッと伸びてくれるので、脚に塗りやすく大助かりです。足の汗の臭いは、ブーツが多い冬場は大変ですからね
足に付けてみたところ、1日中足の裏がサラサラで、1日の終わりに靴を脱いでも嫌な臭いはしません

口コミからもコルクルを足汗用に使っている人が多く、手汗と同等な効果がある事も分かりましたね。

塗り直しはこまめにしましょう


コルクルは石鹸でも落とせるハンドクリームです。
食事の前やトイレの後に手を洗った際には、ちゃんと塗り直しておきましょう。

汗を1日止めておきたい時は、1日に6〜7回ほど、手汗だけを止めたい時に使う時は、1日に3〜4回ほど塗るのが基本です。
下を参考にして、自分の生活リズムに合ったタイミングで塗るといいでしょう。

  • 朝起きたとき
  • 外出する前
  • トイレに行くとき
  • 帰宅後
  • お風呂あがり
  • 寝る前

寝る前には必ず塗っておきましょう。


コルクルを塗るときに絶対押さえておきたい時間外は、夜寝る前です。

人間は眠くなると副交感神経が優位になってリラックス状態になります。
なので副交感神経が優位になっている間は、手汗が止まる時間帯でもあります。

なので寝る前に塗っておけば、コルクルの効果が更に発揮される事になります。

効果はすぐに出ない
コルクルを塗ったら即座に効果が出るというわけではありません。
効果が見えてくるまでには大体5日間ぐらいが目安になっていますが、個人差はあると思います。
それにコルクルの効果を最大限に発揮するためには、毎日こまめに塗っておく必要があります。
コルクルを買う際には、制汗効果が出てくるまでに多少時間が掛かるという事を覚えておきましょう。

コルクルを買うにはどこで買ったらいいの?


コルクルは一般のお店では市販されていないので、近所で買うことは出来ません。

ならばコルクルを買うにはどうしたらいいのでしょうか?
それにお得に買える方法ってあるのでしょうか?

販売しているのは公式サイトのみ


コルクルは現在通販限定となっており、買う事が出来るのはコルクルの公式サイトのみとなっています。
Amazonや楽天などの大手通販サイトでは取り扱っていませんから気を付けて下さい。

初回0円?!お得な定期コース


コルクルは現在、定期購入コースに申し込むと、最初の1本が無料になるという
キャンペーンが行われています。

コルクルの定期コース(無料スタートコース)の内容は、2本目以降だと1ヶ月毎に
通常価格から1000円値引きされた価格で届けられるお買い得コースです。

それと定期購入の場合、送料やコンビニ払いの使用料、クレジットカードの決済手数料が掛かりません。

解約はいつでもできる


コルクルの定期コースだと、次回発送の1週間前までであれば解約がいつでもできます。
解約の仕方は、マイページからのお手続きと電話での連絡という方法があります。

初回無料分だけでも解約が出来ます。
でもその場合は商品本体と明細書を同時に返却しなければいけません。

最初の無料分だけでも解約が出来るわけなのでお試し目的でも気軽に申し込めますね。

配送の方法は何?


コルクルは日本郵便の「ゆうパケット」を使って配送されてきます。
なので商品はポストに投函される形となります。
ちなみに配送中であればWebからの追跡も出来ますよ。

結論!コルクルはどこら辺がオススメなの?


手汗に特化した制汗剤というのは他にもいくつかありますし、一体どれを選んだらいいのか迷いますよね。
どれを買うかでお悩みの人のために、コルクルのおすすめなところをピックアップしていきます。

シンプルで人目に付きにくいデザイン


手汗の制汗剤には、商品名が大きく書かれていたり、特徴的な容器に入っているものもあります。
でもコルクルは、プリントが英語で統一されていて、白がメインなシンプルなデザインになっています。

男性用としても使える手汗用のクリームですが、男性のみならず女性でも持ち歩けるデザインとなっています。

外出先で他人に見られても、普通のハンドクリームと見分けのつかないデザインですから気恥ずかしさはありませんね。
でもサイズは普通のハンドクリームよりも大きめになっていますからポーチに入らないの事もあるので女性陣は気を付けておきましょう。

1ヶ月たっぷり使える内容量


コルクルは大体1日6〜7回使って1ヵ月間使えるように作られています。
ちょっとの量でもよく伸びますから、1日に何度も塗り直しても、1ヶ月で1本が完全になくなったりはしません。

1日に使う量が少なめの方だと、1本で2ヶ月持たせてしまった人もいるといいます。
「ちょっと使い過ぎたかな?」と心配する事も無く遠慮せずに使えるという事ですね。

クリームタイプなので足の汗や腋の汗にも有効


手汗対策の制汗剤には、パウダータイプやジェルタイプの物もありますが、コルクルはクリームタイプになっています。
コルクルには消臭・殺菌の成分も配合されているので、手汗のみならず、脚の汗や腋汗などにも使えたりしますよ。
クリームタイプですから、お肌に直接スポンジが触れるパウダータイプの制汗剤よりも清潔です。
手のひら以外の部位に使う時でも清潔に使う事が出来るわけです。

手汗に悩んでいるなら、コルクルをまずお試ししてみるといいでしょう


ここまで手汗対策のクリーム・コルクルについての効果的な使い方や成分、お得な購入方法についてなどを色々と解説してきました。

コルクルの効果を実感するには多少時間が掛かりますが、使い続けていけば必ず効果は出てくれます。
それと成分にもこだわって安全性も高く作られていますから、安心して使う事が出来ますよ。

初回が無料というお得なキャンペーン中の定期コースも用意されていますから手汗にお悩みの方は是非コルクルを試してみるといいと思いますよ。